6つのコースから準備しております。

船橋光学では、4つのコースを準備しております。
簡単な光学系の配置から、特注光学系まで。


光学設計検討についてご相談ください。
 

  照明用光学系についてもおまかせください。
  光学設計のできる照明コンサルタントがご対応いたします。

   是非 フナコウにおまかせください!!
  お問い合わせ・ご質問はお気軽にどうぞ まずはお電話又はメールにて。

  昨年、LEDを用いた拡大レンズ用照明光学系のお話が多かったので、この度、ビットコースを

  設定しました。LEDからの光が鏡(非球面)、レンズを通過した後の照明状態を確認したいだけ!

  というお客様の要望にお応えします。
 

   ビットコース         1枚構成レンズ及び鏡 
                 (但し、光線追跡のみで、照明状態を最適化はいたしません)

    ミニマムコース       1枚〜3枚未満構成レンズ 
                 (ズームレンズ、携帯レンズは除く。非球面の場合要相談)

    インターメッドコース   3枚以上〜5枚構成レンズ 
                 (ズームレンズ、携帯レンズは除く。非球面の場合要相談)

   オプティマスコース     5枚以上〜10枚構成レンズ
                 (ズームレンズ、携帯レンズは除く。非球面の場合要相談)

  スペシャルコース  時価
  特注対応用レンズ

 

  カタログレンズ構成コース  シグマ光機、中央精機、EDUMND、JML、THORLABS、

 

 

                     その他の会社様の場合ご相談ください。

                     (ご予算に合わせて見積もりいたします)

 

    ※必要があれば、見積書すぐご提示します。 

   納期については、ご相談ください。(仕様等によって、納期が延びる場合がございます)  
   その他の光学系についても、ご相談ください。

 

   なお、全ての設計作業には、設計報告書一式(レンズ構成表、収差グラフ、)をご提出します。

 

   追加資料については、御相談ください。(別途費用発生します)

 

   製造を含める場合は、別途ご相談ください(図面作成をいたします。別途費用)

 

    2013年10月6日より、お値段の表示をしておりません。※

 

   ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

   ※2013年10月より価格の表示を未記載と致しております。

 

   仕様等により、完全に満足する光学系は、何回かに分けて開発を進めていく必要があります。

   従って、最初から、完成系ができあがることを想定されている場合には、他社様をあたってください。

   この場合、途中報告書にて経過を御説明を差し上げておりますが、一旦決めた

   仕様に対して設計を変更する場合は新規の見積をご提示しております。

 

 

   この設計で問題がないのか、もう少し良くならないのか、

   最初は簡単な検討から。もっと詳細にというお客様向けにご用意しました。

▲このページのトップに戻る