コスト、納期、仕様すべて満たす必要がありますか?

最新の光学技術で、お客様のニーズにお応えします。紫外線から赤外線までの広い波長範囲でお客様のニーズにあったレンズユニット、光学系、照明系を御提案いたします。

 光を使って何をしたいのか、一緒に参加させてもらいませんか?


 光学設計で終わりではなく、製品が完成するまで、親切丁寧にお付き合いをさせていただきます。

 特に測定器、検査装置に組み込まれるレンズは、光学系だけでは成り立ちません。弊社では、お客様の要求(仕様)等を良く聞き、それに対する回答を提案させていただきます。

 鏡筒設計については、弊社協力の会社にて御提案することも可能です。

 お客様は、レンズ1枚いくら?と決められて、設計委託を考えられているのではと思います。実際、新規設計で検討をすると、1枚10万円から30万円という価格を提示する他社様もいらっしゃいます。

 弊社では、まず、仕様、そして予算をお聞きし、その条件で検討し、提案をさせていただきます。
 設計納期をもっと短くできないの〜!!ご要求の場合、ご相談ください。


 小さな個人設計事務所だと、高く思われていませんか? まずは仕様と予算と納期を御提示ください。

 高くなる場合は、理由を御説明させていただきます。

光学設計シミュレーション&照明光学系のシミュレーション

弊社では、光学設計サービスを提供しております。

船橋光学では、様々な光学系のレイアウトを準備しております。

今までの光学設計のノウハウを活かし、光学シミュレーションのサービスを提供させて頂いております。

・お客様にて光学図面があるけど、収差図が無い!計算値が無い!

・AF用モバイルホン用レンズの駆動レンズを変更したいけど、どうしたらいいのかわからない!

(大体、動かすレンズは決まっているが、現実性に欠けるので、別の解があるか検討して欲しい)

 

【提供できる内容】

●ガラスレンズ及びプラスチックレンズの光学設計

 ・球面レンズ

 ・非球面レンズ

 ・複合レンズ

  金型の設計はできませんが、金型設計を希望される場合は、ご相談ください。

 

●赤外用センサー光学系の光学設計

 

●LED照明向け光学設計 

 

光学設計の必要性のあるお客様

 

★LED光源を使用して、光源を投影したいがレンズ系が必要・・・光学設計してもらえて、且つ、カタログレンズで仮組をしてくれれば、試作前の確認をシミュレーションリアルレンスで確認したい。

 

★沢山の種類のLEDパッケージがあるが、矩形の照明エリアが欲しい。最適な設計をして欲しい。

  矩形エリアの照明は難しいですが、それに近い照明方法もあります。

 

★今まで、別の個人設計事務所に依頼していたが、事情があって、検討をお願いすることができなくなってしまった。何とか、再検討できないか?

カタログレンズ設計

カタログレンズでレンズ設計できるの?

できますよ!!

ほとんどの大手メーカー様に限らず、ベンチャー様でも試作レベルの実験装置には、かならず、カタログレンズが組み込まれています。

そんなの当たり前!

知らないお客様がいらっしゃると思うのでお知らせしちゃいます!!

 

→シグマ光機様

→ソーラボ様

→中央精機様

→JML様

→エドモンド様

→メレスグリオ様

 

数え切れませんが、沢山あります。

全部をここで紹介できませんが、レーザー用結像レンズを構成した例をご紹介します。

仕様

波長領域 λ531nm±3nm

焦点距離 f72mm

Fナンバー F6.5

像高    2y'=4mm

全長    170mm以下

用途    

中間像をリレーするための光学系です。 フレアーを専用設計していた物と同等です。

このレンズは全て、カタログ品です。

元々このレンズは、ZEBASEV50の中のレンズで、Fシータレンズ(ファイナンバーP_014)を元に、最適化したものです。

元のレンズ配置図

FSHITA.JPG

構成は、全てガラスがSK16にて構成されています。レンズのパワーは、負正正正の4群4枚構成です。

焦点距離f(λ550nm)=100mmを72mmにスケーリングし、元もとのFナンバーがF15相当です。

設計中心波長はλ550nmのみになっていますが、これをλ532nmに変更し、カタログレンズにて再構成してみました。瞳位置もうんーと伸ばしてみました。

 最適化後の配置図

FSHITA_CAT2.JPG

 

 最適化前のMTF(白色;λ531±3nm)           

  FSHITA_MTF.JPG  

 最適化後のMTF(白色;λ531±3nm) 

  FSHITA_CAT_MTF2.JPG

型番までお知らすると、そのまま使用されてしまいますので、ごめんなさい。 

ちなみに、レンズメーカだけお知らせしましょう。

エドモンド様、シグマ光機様、ロータステクノ様、JML様の4枚です。

カタログレンズでの設計は、実験準備までの期間を短縮できます。

もし、このレンズのことで質問がございましたら、事前にご連絡をください。

もし、鏡筒まで含めて検討依頼されたい方は、事前にご連絡ください。

 

※但し、鏡筒まで含めた場合の納期は、鏡筒設計の期間、鏡筒の手配、レンズ手配、組み立て手配が含まれてくるので、準備期間が延びる場合があります。ご了承ください。

まずはご連絡ください。 お待ちしております。

 

 

カタログレンズの互換性

カタログレンズの互換性について 

カタログレンズメーカーは、各メーカーのオリジナルのレンズを設計し、製造を行っています。実験レベルで使用する2枚貼り合わせレンズの収差性能を比較すると、微妙に異なっていることが分かります。

例えば、JML様の100mmの貼り合わせレンズとシグマ光機の貼り合わせレンズを比較すると図1のように形状は略近い曲率を持っていますが、厚みと硝材が異なります。光線追跡をすると図2のように球面収差において、可視光の波長域と短波長において、g線のバランスが異なっていることが分かります。

図1 JML製 焦点距離f100mm φ25mm

COMPATI_LENS_GRAPH1.bmp

図2 シグマ光機製 焦点距離f100mm φ25mmCOMPATI_LENS_GRAPH2.bmp

 

図3 JML製 焦点距離f100mm φ25mm 断面図COMPATI_LENS_LAYOUT1.bmp

 

図4 シグナ光機製 焦点距離f100mm φ25mm 断面図

COMPATI_LENS_LAYOUT2.bmp

 

実験レンズで使用する場合は、ZEMAXにて事前に検討しておかれるほうが良いかと思います。特に、色収差を気にするような光学系においては、置き換えてからあれ?というようなこともあります。

中央精機様のレンズは、曲率半径が記載されていないので、推測するしかないですよ!!

お困りの方は、ご連絡を!

▲このページのトップに戻る